ここの商品は、フレーバーコーヒーから発送となります
ですから他の商品との混載も可能です
いろいろ買っても送料は一律500円です

ちなみに、注文を受けるとすぐに発送作業に入ります。
商品を受け取った後にお金振り込んで頂ければOKです。

帰ってきた ほぼブラジル 200g
商品画像1

ブラジルコーヒーの味わいの本源は、
そこに確かに残るサウダーヂです。
この「帰ってきた ほぼブラジル」は、
半熱風釜による「一本焼き」です。
※1袋200gです。 
◆豆のみ(挽き売りなし)

2,000

[帰山人の珈琲遊戯][グルメ][趣味]

前回に好評いただいた「ほぼブラジル」が帰ってきました。3種の豆の深煎りブレンドです。2種のブラジルで郷愁の薫りと宿命の味を構成、匂い立つ憧憬は隣国のボリビアから借りました。だから、「ほぼブラジル」です(「ボボ・ブラジル」ではありません)。
軽快だが弱くはない、酸味は控え目だが甘みとコクはある、昔のブラジルと今のブラジルの両立、そこをボリビアの豆も使って狙いました。

商品画像2

今般の目玉は、「一本焼き」を「半熱風」で挑んだことです。「珈琲工房ひぐち」(代表:樋口精一/岐阜県各務原市)さんの富士ローヤル半熱風5kg釜を借りて、私(帰山人)が「一本焼き」しました。
業務用の焙煎機で、焙煎の最初から最後までガス圧を変えずダンパーを動かさない「一本焼き」をする。圧倒的に「直火」派が多い「フレーバーコーヒー」通販で、敢えて「半熱風」で焙煎した豆を供する。喧嘩を売っているのか? と言われれば、そう、喧嘩を売っているのです。
生豆の重量比で、ブラジルのパッセイオ(ムンドノーボのパルプドナチュラル)とブラジルのモンテアレグレ(イエローブルボンのパルプドナチュラル)とボリビアのシエテエストレージャス(カトゥーラ・カトゥアイの湿式)を、3対2対1の割合でブレンドしています。パッセイオ3kgを1釜、モンテアレグレとシエテエストレージャスをプレミックスした3kgを1釜、この2釜分を焙煎後にブレンドしています。
「帰ってきた ほぼブラジル」のサウダーヂ、ご笑味ください。

商品画像3
2,000