水だしアイスコーヒー
商品画像1

お手軽で誰でも簡単にアイスコーヒーができます
基本的には、通常のアイスコーヒーよりもこくがでません
手軽さとお茶感覚で飲める部分がウケています
うちの店の水だしコーヒーの特長はひとつづつ個包装されていて
すべての袋に鮮度保持剤が封入されていることです
これは、コーヒーの劣化を最小にしながら
コーヒーの内部にある炭酸ガスを抜くために工夫しました
それにより、コーヒー内部に水が侵入し
成分をスムーズに溶かすことができるのです
40gパック*5ケ=1250円

1,250

この商品の紹介Webページはこちら

[ドリップバック/コーヒー][お茶・コーヒー]

一般的な使い方はコーヒーパックを水650ccに
そっとのせるように置きます。
少しづづ水を吸いながらコーヒーの成分が
徐々に下に落ちていきます。
後は6時間ほど置いておくと
さっぱりしたお茶感覚のコーヒーができあがります。

商品画像2

別の使い方(氷だしコーヒー)
2リットルのペットボトルの底を切って
コーヒーパックを口のほうへ押し込みます。
(出来るだけ隙間をつくらない)
少しお湯をかけて蒸らしをした後に
氷をたっぷりとのせておきます。
後は氷が溶けてゆっくり粉の中を通過して
味のしっかりした濃厚なコーヒーが出来上がります。
終わった後に片付けるのが簡単なのもGoodです。

商品画像3

ペットボトルにコーヒーパックを押し込み方
コツとしてはコーヒーパックの平らな面を下にして
コーヒーを薄く延ばすようにします。
その状態のパックを丸めるような感じて上から押し込むと
隙間ができにくいです。
この氷だしコーヒーはけっこうはまります。

1,250