ここの商品は、フレーバーコーヒーから発送となります
ですから他の商品との混載も可能です
いろいろ買っても送料は一律500円です

ちなみに、注文を受けるとすぐに発送作業に入ります。
商品を受け取った後にお金振り込んで頂ければOKです。

秋薫 荻と萩 150g
商品画像1

「しゅうくん おぎとはぎ」と読む、秋のブレンド珈琲。
「荻の上風」を心象した3種類の豆で混合焙煎、
「萩の下露」を心象した3種類の豆で混合焙煎、
2つを合わせた計6種類の豆の深煎りで秋の薫り。
※1袋150g
◆豆のみ(挽き売りなし)

2,000

[帰山人の珈琲遊戯]

「秋はなほ 夕まぐれこそ たゞならね 荻の上風 萩の下露」
(あきはなお ゆうまぐれこそ ただならね おぎのうわかぜ はぎのしたつゆ)

藤原義孝の一首です。「秋は夕暮れ」と『枕草子』でも言われていますが、その清少納言より以前に藤原義孝は何が「あはれ」で何が「をかし」なのか、見事に詠んでいます。
荻(イネ科ススキ属のオギ)の穂の上を吹き渡る秋風の香り、ブラジルとブルンジとメキシコの豆で「荻の上風」を表してみました。
萩(マメ科ハギ属のハギ)の下葉に結び置ける秋露の味わい、ボリビアとタンザニアとハイチの豆で「萩の下露」を表してみました。
そして、合わせて「秋薫 荻と萩」と名付けました。虫の音を聴き、涼やかな朝を感じ、高い雲を見上げ、夕暮れを眺めつつ、秋風の「あはれ」と秋露の「をかし」を合わせ奏でるブレンド珈琲をお楽しみください。

商品画像2

【生豆の配合と焙煎の仕立て】
ブラジル・パッセイオ と ブルンジ・FWAA と メキシコ・シエラミステカ
生豆3種類を等分配合のプレミックス、直火の手廻し「一本焼き」20分00秒で1釜。
ボリビア・コパカバーナ と タンザニア・カンジラルジ と ハイチ・クレオール
生豆3種類を等分配合のプレミックス、直火の手廻し「一本焼き」20分28秒で1釜。
豆の組み合わせを慮って、焙煎度合を微妙に変えて焼いた計2釜を焙煎後に混ぜて、計6種類の豆による深煎り。突出したクセは抑えて円やかに、でも奥深い滋味は掬して豊かに、そこが今般のブレンド珈琲豆「秋薫 荻と萩」の狙いどころです。

2,000