ここの商品は、フレーバーコーヒーから発送となります
ですから他の商品との混載も可能です
いろいろ買っても送料は一律500円です

ちなみに、注文を受けるとすぐに発送作業に入ります。
商品を受け取った後にお金振り込んで頂ければOKです。

三択羅羅 100g
商品画像1

【完売御礼】

この三択羅羅(さんたくらら)は何処の豆でしょう?
1.ブラジルのサンタクララ農園
2.コロンビアのサンタクララ農園
3.グァテマラのサンタクララ農園

1,500
在庫なし

[帰山人の珈琲遊戯][グルメ][趣味]

前問の答えは3でした。
次に、この三択羅羅はグァテマラの何処の地区の豆でしょう?

1.アンティグア地区
2.アカテナンゴ地区
3.アティトラン地区

前問の答えは2でした。1ではセラヤ(Zelaya)家が所有するアグア山麓のサンタクララが有名ですが、2のゴドイ(Godoy)家が所有するアカテナンゴ山麓のサンタクララ農園も老舗です。どちらもカップ・オブ・エクセレンス(CoE)で入賞している名門農園であり、どちらの当主もグァテマラのコーヒー団体の代表を務めて偉そうにしています。3のアティトラン地区のサンタクララ・ラ・ラグーナ近辺にもコーヒー農園がありますが、日本ではマイナーです。
次に、この三択羅羅(さんたくらら)の精製と品種は何でしょう?

1.湿式精製(ウォッシュト)のカトゥーラ
2.乾式精製(ナチュラル)のティピカ
3.パルプトナチュラル精製(ハニー)のブルボン

前問の答えは1でした。最近のグァテマラでは、パカマラだのゲイシャだのを無理に栽培したり、ナチュラルだのハニーだので無理に精製するバカな風潮がありますが、この三択羅羅は何の変哲もないカトゥーラを何の変哲もないウォッシュトで仕上げた何の変哲もないグァテマラコーヒー生豆を使用しています。何の変哲もないけれども、そこは飽きのこない美味しさを生み出す伝統の製法で磨き上げた上等の仕上がり。
次に、この三択を羅列しながら紹介する三択羅羅の説明は誰がしているのでしょう?

1.「三択の女王」竹下景子
2.あわてんぼうの三択ロース
3.鳥目散帰三択

前問の答えは内緒です。

商品画像2

【生豆と焙煎の仕立て】

グァテマラ共和国 チマルテナンゴ県 アカテナンゴ地区
サンタクララ農園 SHB 湿式精製(ウォッシュト) カトゥーラ 100%

直火の手廻し釜で「一本焼き」。火力抑えめのじっくり焼きで、中深煎りの仕立て。
では、この三択羅羅(さんたくらら)の特徴的な風味はどれでしょう?

1.オレンジマーマレード
2.ローズ
3.ココア

前問の答えは全部です。後味はクリーンですが、それ以前の香り立ち、甘さ、酸味、コクの全てが強めです。少しカラメルが混じったような柑橘系の風味にアカテナンゴっぽいところを感じますが、全体としてはコクのある古風なアンティグアの香味に近い。
サンタクララで「三択羅羅」、その硬質に育った良味を存分に楽しんでください。

商品画像3
1,500
在庫なし